カテゴリ: オーディオ

イメージ 1

今までは、1970年代に購入したカートリッジだけでレコード鑑賞を楽しんできました。

大分以前に書きましたが、その頃買ったカートリッジの針を25年ほど前に

長男坊がハイハイしていた頃に、全部折ってしまいまして・・・その後20年ほどはレコード聞けず・・・

そんな時、ふと思い出しました。「針を折られたカートリッジは3本やけど、確かもう1本あったはず。」

しかし見つかりません。「どこやったかな??ひょっとして実家に置きっぱ??」で

実家を探して見つけ出し、20年振り位にレコード聴き始めました。それが5年ほど前です。

昔買ったカートリッジは、買った順番に シェア(USA)91ED \19,400、エンパイア(USA)2000EⅢ\17,000、

オルトフォン(デンマーク)VMS20E \27,000、DENON(日本)DL109D \22,000でした。

見つかったシェアだけが健在でしたが、その後DENONの交換針を社外品で見つけて購入し、

使えるカートリッジは2個体制になっていましたが、シェアを買ったのは多分40年ほど前、

針はオリジナルのままです。これはすごく針圧の軽いカートリッジで、良いのですが、

針圧が軽いのが仇となって、ちょっと反りがあるレコードで針飛びする欠点があります。

DENON109Dは当時からお気に入りでして・・・私、ひねくれ者でしてね・・・

定番と言われる物を避けるところが御座いました。当時の定番はシェアV15TypeⅢでしたが、

これより安いもので、これを超える音を目指してました。

109Dに純正交換針が入手出来ていれば、今でも平気で使い続けていたと思いますが、

社外品の針と、40年前のオリジナル針のシェアを使い続ける事に若干の不安もあり、

現行品を1個買い足すことにしました。

それが写真のDENON DL110と言う高出力MCタイプで、

販売開始がCDが発売されて以降の1983年、CDの普及で一旦販売終了したようですが、

1996年に再販開始!!1983年当時が\11,000、再販開始時で\14,000、

現在の販売価格は、\24,000になっておりますが、70年代のものと比べても

リーズナブルな価格です。肝心な音は文句なしですね。

現行品とは言え、デビューからは33年経ってます。

今後針交換が無事に出来るという保証はないのですが、

ず~~と販売して欲しいですね。

おそらくDENONは、現在のラインナップに昔から売っているカートリッジ以外、
新発売したカートリッジは無いと思います。
なので、開発費用ゼロの従来型だけをお安く販売しているんでしょう。
他メーカー製の新製品だったら、現行販売価格の倍から3倍位の価格でしょうね・・・
そりゃ~~レコードが最近見直されている、売れているとニュースになりますが、
それでもおそらく全盛期の1/100以下でしょう・・・もっと低いかな??
レコードプレーヤーやそれに付随するパーツの売れ行きなんかは、たかが知れています。
昔の1/100しか売れないなら、昔の100倍の値段を付けないと、同じ売上上がりませんからね・・・
そりゃ~~開発費は掛けれないし、昔ので通用するならそれで良しですよね!!


本日の新聞見開き広告を見て驚きました!!

テクニクスからレコードプレーヤーが再販されることは知ってましたが、

こんな大々的な広告を打つとは思っていませんでした!!

1972年に初代が発売された時の定価が59800円、

写真左の1979年発売のMarkⅡが75000円・・・

最終頃のMark5や6の頃は定価はオープンプライスですが、実売50000から70000円程・・・

96年発売の豪華仕様SL1200LTDが100000円だったそうですが、

今年発売の復活SL1200GAEは限定発売で何と驚きの330000円!!

いくらなんでも値上げのどがすぎると思いますが・・・

追伸  限定版はマグネシウム合金製トーンアームを採用するため高額??
        その後限定品ではない通常品が、通常価格??で販売される模様です。

PS 若い人にはテクニクスが分からない方が居ると思いますので補足します。
テクニクスは、ナショナル(松下電器)現パナソニックの、オーディオ用ブランド名でしたが、
ここ数年来製品がなく、一旦廃止されておりましたが、最近高級オーディオ向けに復活しました。
但し、本来SL1200シリーズは家で音楽を鑑賞するリスニング用プレーヤーではなく、
ラブDJ等が使いやすいように作られたいわば業務用です。
リスニングでは必要ない回転数を速めたり、遅めたりする機能等が付きます。
その代わりDJ用のため、従来モデル最終頃はダストカバーがありません。

イメージ 1

イメージ 1
日本でもビクターの看板で有名なこの絵ですが、真相が有ります。

タイトルが「His Master's Voice」 彼のご主人の声??

何でレコードを聴いているワンちゃんの絵なのに、ご主人が??

ちなみにこのワンちゃん「ニッパー」と言い、実在した犬です。

元絵がありまして・・・
イメージ 2
この絵のニッパーが聴いている「蓄音機」は上の絵の所謂レコードプレーヤーとは異なります。

エジソンが発明したタイプの円筒形レコードの蓄音機で、このタイプは録音も出来たようで、

実はニッパーの飼い主がこれで、自分の声を録音してあったんですが、

その後亡くなってしまいましたが、そのご主人の声を再生すると、

ニッパーは不思議そうに蓄音機から聞こえるご主人様の声を首を少しかしげて聴いていた。

それに感動したフランシスという方が絵に書いたというエピソードです。

ですから「His Master's Voice」となるわけです。海外に残る忠犬ハチ公物語・・・

最近アナログレコード鑑賞を復活させましたが、
 
所謂レコードは昔と違って何処へ行っても買えません!!
 
売ってないですからね・・・置いているのは中古屋さんなんですが、
 
最近聴くのは50年代から60年代位のジャズアルバムです。
 
丁度1957年からステレオレコーディングが始まり、世の中にステレオ装置が普及していく時代。
 
それまではモノラル装置ですので、スピーカーは1つだけ!!アンプ等も1ch分だけの物です。
 
イギリスのタンノイからオートグラフと言うスピーカーが出たのが1953年
 
イメージ 1
アメリカJBLからハーツフィールドが出るのが1954年
イメージ 2
見てお分かりのようにどちらも部屋のコーナーに設置する設計です。
 
これはモノラルは1個のスピーカーから音出しするから、
 
部屋の角からの方が音が広がると言う理屈でしょう。
 
その後ステレオ装置が広まって行くと、スピーカーは2個必要になり、欧米の大きな家の大きな部屋で、
 
角二箇所だとスピーカーが離れすぎるので、新たな主流へ変わって行きます。
 
これらのビンテージスピーカーは現在程度の良い物はとんでもない価格で取引されています。
 
ところで丁度この年代のレコードを買うとややこしいんですよ!!
 
元々ステレオ録音の物、元はモノラルだったものを後年電気的に無理やりステレオのように加工した物、
 
そしてそもそもモノラルの物が混在しています。
 
まだまだ録音やミキシングがステレオで確立されていない時代なので、ステレオ盤でも
 
左右のスピーカーの間に綺麗に楽器が定位するような事はなく、
 
ピアノは右、サックスは左・・・と言う感じで音を左右に振り分けただけ・・・みたいなレコードが多いです。
 
ですので敢えてモノラル盤を求めるファンの方も多いのです。
 
更にややこしい問題として、まだまだステレオ装置が普及していない時代ですので、
 
モノラル盤とステレオ盤が併売されていた時代でもあります。
 
実はモノラル盤をステレオ針でかけても害はないのですが、
 
ステレオ盤をモノラル針でかけると針が痛むんですよね。(針の動く方向が違うため)
 
(ステレオ装置を持ってない人はモノラル盤を買う必要がありました)
 
そもそもモノラルでカッティングされたレコードを正確に聴くためには
 
モノラル専用針(カートリッジ)が要るわけです。
 
でも持ってないんですがね・・・

私は基本的に、デジタルサウンドよりもアナログサウンドの方が好きだと大分以前に書きました。
 
アナログプレーヤーは高校生の頃から使っている物をリファイン??しながら、
 
しかもカートリッジの変え針が純正で入手出来ずに、社外品で頑張ってきました。
 
対するデジタルは、30年近く使ったCDプレーヤーを更新して、随分と良い音になりました。
 
そんな環境で、色んな少変更をしながら、少しでも音質向上を目指し来ました。
 
ケーブル関係や電源ケーブル関係を全てプロケーブル推薦品に変更(と言っても安いですが)
 
スピーカーケーブルもWE復刻版と、ベルデン1860の2種類(どちらも太さは同じ18GA)を用意して
 
微妙な違いを感じつつメインシステムにはベルデンを採用して、細かなセッティングを煮詰めて来ました。
 
イメージ 1
WE復刻版18GA(2.5mペアで\7,000)
 
イメージ 2
ベルデン1860 18GA(2.5mペアで\1,400)
 
共にメッキのより線で出来ています。プロケーブルさんでは片側2mでの使用を推奨していました。
 
これを購入時に、何となく余裕を見て2.5mで買ってありまして、そのまま使用し続けて来ました。
 
最近は、圧倒的とも言えるレベルでアナログプレーヤーの方が音がよく、
 
「やっぱりアナログやな!!」と、中古レコード店に通う事を楽しみにしてきました。
 
現行システムではもう小細工による音質アップネタも底を着いたような状況で、
 
「そう言えばこのケーブル2mで使う事が推奨されていたんや」と思い出し、
 
どれほど良くなるのか??と先日各チャンネルから50cm切断しまして、
 
色んなレコードを引っ張りだして、どれほど良くなったか!!と聞き入りましたが、
 
「何か、音がはっきりした感じやけど、劇的には変わってないな・・・」と納得し、
 
なにげにCDをプレーしてビックリ!!
 
「ええっ!!全然違うやん!!何となくとかのレベルやないで!!」
 
またもやアナログ Vs デジタル の音が接戦になりました!!
 
こんなことなら最初から推奨の2mで使ってれば良かったやん!!
 
でも不思議ですよね!!たかだかスピーカーに電気を流すいわば電線です。
 
それも同じ使用中の電線でも、2mで鳴らすのと、2.5mで鳴らすのでこんなに音が違うんですから、
 
50cm長さが変わって何が変わるんですか??電気抵抗がいくら変わります??
 
こんな事で、別に連載している飛んでもなく高額の電線が登場するんでしょうが、
 
たかだか電線ですから、こんなものに何万円も出す気にはなりません!!
 
私の場合、機材よりもレコードやCDにお金を出す方が納得出来るんですが、
 
それも最近はジャズのオリジナル盤とかはLP1枚(勿論中古品)が10万円オーバーとかしてますからね・・・
 
これもわけわからん世界です・・・確かに50年以上前の物ですから骨董品としての価値が出てくる??
 
のかもしれませんが、そんな高額のレコードを買うと、もったいなくてプレー出来ないでしょう・・・
 
私は機材もレコードもガンガン使いたいだけです。ローコストになるべく良い音で!!
 
高額オーディオに興味が有る方は、泥沼にハマる前にこちらを見て下さい。
100%信用する必要はありませんが、大いに参考になる事があります。

↑このページのトップヘ