先日、ドライブで訪れた奥出雲周辺です。目的は奥出雲おろちループです。

国道314号線が、山の中で、落差に対応するために、2重にループを巻いているところです。

通り掛かった際に、駅の名前を見て、「聞き覚えがある」と思い、駅を見に行きました。

「備後落合」駅です。50年ほど前から放置されていると思われる、

蒸気機関車時代設備の代表各、「ターンテーブル」と「給炭台」がそのままありました。

芸備線のC58や、木次線のC56がここで方向転換して、石炭を積み込んでいたはずです。

IMG_4774

その後、目的のおろちループを走って進んだところに、全国的にも珍しい

3段式のスイッチバック駅「出雲坂根」があります。

国道のループ同様、山の落差を克服するために、スイッチバックで坂を登ります。

昔はC56が走っていた有名撮影ポイントですが、出雲坂根駅が標高564m

隣の駅までに延々と登り続けてなんと標高726m、標高差が162mもあります。
IMG_5004
訪れた時間の少し後に、ちょうど「大蛇号」が来ることが分かったので、

駅の直ぐの踏切で、スイッチバック線に進行する様子をスマホで撮影。
IMG_5023
手前に見える線路をバックで登ってきて、駅に到着し、

今度は逆方向に進んで、一つ上の線路を進んで行きます。

更に、この奥の方で、もう一度逆方向に進んで行き、

合計3回、ジグザグに登っていきます。