イメージ 1

夫婦で津和野観光へ行った翌月、今度は1人で重連撮影のため山口線を訪れました。
重連だから正面よりは横から写せるポイントと言うことで、9521レは長門峡発車直後の鉄橋を狙うことにしました。山口を訪れる時はいつも新幹線と在来線を使いますので、1列車につき1ヵ所の撮影しか出来ません。車だと列車が遅いので先回りできるんですが、何時も新幹線でした。
この日は長門峡で撮影した後、何時ものように津和野へは行かず、隣の篠目へ戻る予定でした。篠目へ行くのは初めてでしたが、来る時見た感じでは駅周辺で昼食が食べられそうな所がなさそうでしたので、長門峡で撮影の後長門峡で食べて移動することにしました。順調に昼食も済み駅に戻りましたが、2時間位列車待ちをしなければならないことが解かりました。かといって別にすることも無いので駅の待合室に座っていると、直ぐ近くに大きなオオカマキリがやって来ました。それからカマキリにちょっかいをかけながら列車待ちをしました。かなりカマキリのお陰で暇つぶし出来ましたね!
1988,10,2 長門峡~渡川 9521レ C56 160+C57 1重連