昨年末オーストラリアから輸入したパーツの中に、実はお試し部品を忍ばせてました。

オーストラリアに輸出されている現地名「ジムニー」用のリフトアップコイルスプリングです。

日本ではジムニーは軽四仕様で、輸出仕様と同じ物は「ジムニー シエラ」になります。

あちらでは、40ミリ、60ミリ、80ミリアップコイルスプリングが販売されていますが、

今回は、80ミリアップ仕様を輸入、当社のデモカーJB74Wに組み付けます。

jb74_tdcoil2
写真のブルーは、従来から販売しているグレースサスペンションの3インチアップ

茶色っぽいゴールドコイルがタフドッグの80ミリアップコイルスプリングです。

左側2本がフロント用で、ほぼパクリ??と思える仕様です。(笑)
(巻数、線径、自由長共に共通で、色以外区別が付きません)

右側が右リア用コイルスプリングの比較です。

線径はタフドッグの方が太く、自由長はグレースサスの方が長いです。

少しタフドッグの方が、バネレートも高めになるはずです。