2019年04月

新しいデモカーの「スペーシア ギア」でのハセプロ製マジカルカーボン他製品の型取りが終了しました。

未だ価格設定等が出来ておりませんが、まあ今までと変わらない価格で出せるはずです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

当社では、新型ジムニーJB64W JB74Wに対して旧型であるJB23W JB43Wの時代から販売されている

モンローの「サムライ」というブランドのショックアブソーバをキットの構成部品として販売しています。

これについて時々ご質問をいただきますので、ここに書かせていただきます。

新型になって、旧型の部品は全然使えないのか??そんなことはありません。

コイルスプリングのマウント部分が少し変わっているとか、ラテラルロッドが使えないとか・・・

もちろん細部は異なります。でも基本的には旧型シャーシをリファインしたものですが、色々と共通です。

ショックアブソーバについては、マウント形状、長さ等ほぼ同じで、ブッシュが少し異なりますが、

共通使用出来る範囲での変更でしかありません。

一般の方はご存知ないと思いますが、私は純正ショックアブソーバの減衰力の実測データーも持ってます。

モンロー「サムライ」については、発売元のHPで、2インチアップ用も3インチアップ用も

減衰力のデーターが公表されておりますが、全ての数字がJB64W、JB74Wの純正ショックアブソーバの

減衰力を上回っております。つまりは間違いなく強化品として宣言出来るということです。

まあモンローの輸入販売元はそれでも新型用もラインナップするでしょうが・・・

イメージ 1

ジムニー以外のスズキ自動車製の軽四用にハスラー、エブリィ、キャリィーと

リフトアップキットを設定してきましたが、この度「スペーシア」用が完成しました。

スペーシアMK53Sには、通常のスペーシアを初め、スペーシアカスタム、

してデモカーに採用したスペーシアギアがありますが、サスペンション周りは共通です。

もちろんリフトアップキットの開発ベースは四駆仕様のほうです。

イメージ 1

イメージ 2

元々が低く見える車なので、上がったように見えないかもしれませんが、

これで約1インチ(25ミリ)リフトアップしています。

キット写真にはショック延長ブラケットが入っていませんが、

今回は要らないかもしれません。

元が素晴らしい乗り味の車ですし、KYBの強化ショックアブソーバが未だ存在しないのもあり、

純正ショックアブソーバの減衰力で押さえが効くバネレートで、

純正の乗り心地を悪化させずにリフトアップを目指しました。

近日デビューしますので、よろしくお願いします。

若者の車離れが言われておりますが、新型ジムニーで保険代金を試算してみました!!

比較的豪華(対人、対物無制限等)な内容で、一般車両保険も200万円加入して、

18歳の免許取り立ての若者が、割引なしの新規契約をしたら、

なんと年間保険料は、約43万円!!
これは厳しい価格ですよね!!18歳の子に払える訳がない・・・

これを同条件のまま年齢条件のない4ナンバーに変更すると、

年間保険料は、約26万円!!

それでもこの価格です!!そりゃーしんどいわな・・・

でも毎年の差額ですから大きいとも言えますよね!!

2人乗りで良いなら4ナンバーもありですね!!
イメージ 1

歴代ジムニーのグレースサスペンション装着車の同じような場所で撮った

フルストロークでの写真です!!

JA11と現行JB64Wは全く同一箇所ですね!!

まあトレッド、ホイールベースが異なるので、

実際のタイヤの位置が違いますが・・・間に何年も経ってます。
イメージ 1
JA11グレースサスペンション2インチアップ+トラクションリーフ付き(販売中止中)
イメージ 2
JB32Wグレースサスペンション2インチアップ + トラクションリンク(製品は既に廃盤)
イメージ 3
JB23Wグレースサスペンション3インチアップ + トラクションリンク
イメージ 4
JB64Wグレースサスペンション3インチアップ + トラクションリンク

↑このページのトップヘ