2018年08月

到着しました!!新型ジムニー64 Tシャツです。(笑)

イメージ 1

一般的なTシャツサイズで、M、L、XLのラインナップ。

色は写真のモスグリーンとホワイトです。

服のサイズが変わってもプリントサイズは同じです。

写真のサイズは L です。

イメージ 2

イメージ 3

袖には、64とSAMURAIの文字プリント入

どれでも1枚 2800円で本日より発売です!!

イメージ 4

まだまだ暑いひが続きますね・・・

当然車を運転するときはエアコンを効かせておりますが、

シートに接している背中やお尻は暑いし、蒸れますよね!!

良いものを見つけました。

イメージ 1

シートにかぶせるエプロンですが、前部にファンが仕込んであり、

背中やお尻のカバー部分にある小さな穴から風が出ます。

結構効きますよ!!しかも冬場用にはヒーター機能も付いてます!!

イメージ 2

サイドサポート付きで、ホールドも良くなる??

イメージ 3

一脚分が7980円で、絶賛発売中!!

ヒーター機能は要らんわ!!ファンだけで良いと言う方にはこちら

イメージ 4

一脚分が4980円です。


軽四のJB64と同時に発注していた1500ccのシエラJB74が本日納車されました。

以前スズキディーラーの勉強会で試乗済みでしたが、今日久しぶりに乗りました。

今回は64の時に失敗したタイヤの空気圧確認後の試乗でした。

軽四JB64納車時に感じた「ノーマル車として過去最高!!」というような感激はなく、

「すでにデモカーのJB64はノーマルを超えて快適である」ことの確認ができました。

イメージ 1

64の方はタイヤをノーマルからジオランダーM/T 6.50-16に変更して、燃費が相当悪化しましたが、

乗り心地は思ったより穏やかで、これはこれで良しと思い、

その後T.D.I Tunning装着で燃費も回復・・・

タイヤ&ホイールをクリムソン Beast & BFGoodrich M/Tに変更したので、

更に重く、走らなく、硬くなると予想しておりましたが、

確かに硬いのでしょうが、どちらが快適かと言われれば、Goorrichと答えるし、

走らないのでしょうが、メーターに表示される平均燃費はジオランダーより良いのですよ・・・

なんででしょう??重いタイヤを回しているので、発進時にはやはり抵抗が増したように感じますが、

ある程度回ると、フライホイール効果が出て、燃費良くなるのでしょうかね・・・


新車装着の純正サイズ175/80-16からジオランダーMT G003の6.50-16に変更して

メーターに表示される平均燃費が一割以上悪化しておりましたが、

先日「T.D.I Tuning」を装着して、車が軽くなったように感じたそのままに、

メーターに表示される平均燃費も少し改善しました。

それに気を良くして、更に重いもう一つのデモカーテスト用タイヤ

BFGoodrichのM/T KM2の225/75R-16を

これまたレイズホイールよりも明らかに重い

クリムソンのMG Beastに合わせて組み替えました。

イメージ 1

こちらの組み合わせは、ルックスも重視しつつも、ちゃんとオフロード性能を確保出来る。

両得パターンのお勧め仕様ですが、BFGoodrichは近日新型のKM3に変更され

同時に長年親しまれた「ホワイトレター」が無くなります・・・

新しさよりも格好良さをお求めの方は、お早めにお買い求めください。

先日サブコンによるチューニング 「 T.D.I. Tuning 」の装着時にレポートしましたが、

その後をお知らせします。

前回のテスト時はタイヤ&ホイールは純正のままでしたので、サブコンなしでも走りっぷりは軽快でした、

その後少々のリフトアップとともに、タイヤサイズはジオオランダーM/T G003の6.50-16にサイズアップ、

ホイールは軽量のレイズ製、当店オリジナル色の57JXに履き替えておりましたが、

重さには勝てず、あれほど素晴らしいと感じた、ノーマル車の乗り味は、「どんくさい!!走らない!!」

と感じるほどに悪化し、メーターに表示される平均燃費も大分悪化しております。

本日、メーカーからリ・プログラムしたT.D.I. Tuningが届きましたので、新たに装着!!

イメージ 1

まだ会社の周りの一回りしただけですが、前回ヴァージョンとは全然異なります。

VVTの絡みと思われた、途中のもたつきもほぼ解消しており、

なおかつタイヤ交換後、忘れていた「軽快」なフィーリングが戻ってきました!!

これでしばらく走り込みます!!何の問題もなければ早いうちに商品化できそうですよ!!

↑このページのトップヘ