2017年04月

永らくジムニー用ショックとして、販売してきたプロコンプショックのES1000シリーズが、廃版になりまして、

JA11用2インチアップ、JB23用2インチ・3インチアップ用が入手出来なくなりました。

勿論当社自慢の「タフドッグ」ショックは、ラインナップしておりますが、高価ですので、

もっと手軽に・・・と言うご要望に答えるにはちょうどよかったのですが・・・

まあ無いものねだりをしても仕方ないので、策を考えておりますが、

JB23用2インチアップ用にラインナップしていた「ホワイトショックス」に続いて、

JA11用にも同様のノーブランドショックをテスト中です!!

やはり名前は「ホワイトショックス」でいきましょう!!

最大長 F 478mm  R 516mm シェル外径45mm

イメージ 1

復活ランクル70の人気オプション!!のTOYOTAエンブレム付きのグリルですが・・・

所謂 LOOK LIKE というやつで、純正品ではありません。

よく見て頂くと純正品はTOYOTAの文字が全部離れて見えるように文字間はブラックですが、

この商品は文字分と同じシルバー仕上げです。

だから・・・???コピー商品じゃない?といえるのか??

そこまでは分かりませんが、私は違う目的もあって買ってみました。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 1
昨日は新聞一面広告で、ビートルズのサージェント・ペパーアルバム発売から50週年で、

未発表テイク等を収めた限定版のCDやDVDさらにLPまでが発売されると宣伝されていました。

写真は私手持ちの70年代前半から中盤頃?に買ったイギリス盤のLPです。

このアルバム最初に挿入されているタイトル曲出だしの歌詞に、

It was Twenty Years Go Today・・・とあり、この架空のバンドの物語が20年前の出来事として、

アルバムが始まりますので、世の中がLPからCDに以降していた時代である1987年まで、

ビートルズのアルバムはCD化されませんでした。

そしていよいよ歌詞の通りの20年たった年に準備万端整ったCDが年代順に発売開始され、

サージェント・ペパーはジャスト20年後に発売されました・・・

あれから既に30年も経ったんですね・・・驚きますわ!!

何年ぶりかで昨夜イギリス盤のLPを通しで聴きました。

ほんの数年前までアクセルペダルは、ワイヤーでエンジンルームのスロットルに繋がっていて、

アクセル操作がそのままエンジンの回転を上げ下げする構造でしたが、

横滑り防止装置等のコンピューター仕掛けの安全装置装着が義務つけされるようになって、

アクセルを踏んでいるのに、エンジンが吹け上がらないようにするために、

又余分な踏み込みによる燃費悪化を防ぐため等に、アクセルワイヤーがなくなり、

アクセル部分でドライバーの踏み込み量をセンサーが読み取り、

コンピューターがスロットルを開け閉めするようになりました。

イメージ 1

最近多発しているブレーキペダルのつもりでアクセルペダルを間違えて踏み込んで、

車が全開で急発進!!回りの人を跳ね飛ばす等の事故・・・

この電子制御式のアクセルペダルを採用している車輌では、写真の誤発進防止装置が有効です。

アクセルの踏み込を車輌のセンサーから読み取って、停車中に突然の全開信号等があると、

「その踏み方はオカシイやろ!!」と感じたら、信号をコンピューターに送らず、アラームを鳴らします。

当然信号がコンピューターに行きませんので、エンジン回転は上昇せずアイドリングのままです。

ペダルを踏み間違えた本人もアラームが鳴りますが、エンジン回転がアイドリングのままですと、

パニックには陥らず、慌てずにペダルの踏み間違えに気付けると思います。

自分は大丈夫だ!!と思っている方でも、例えば免許取りたてのお子さんがいるとか、

お年を召したご両親が運転する・・・と言った場合に安心出来るのでは?と考えます。

マスターピース「兵庫車輌株式会社」では、四駆の部品ではありませんが、

この部品を大々的に取扱開始し、少しでも役に立てればと考えています。


FJ1クルーザー販売以前は、アメリカ製のバンプストッパーの売れ残り品を全て買い占め

日本国内で90系プラドや185サーフ向けに細々と販売しておりましたが、

FJクルーザー販売開始と共に、残りがあっという間に完売してしまい、

その後は代わりの物がなく、販売出来ない状況でしたが、

今回は、有り物ではなくオリジナルで製造していただきました!!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

サスペンションのヘタリ防止、ショックアブソーバーのマウントブッシュのヘタリ防止に役立つ他、

荒れた路面を走った際のフロントサスの収まりが良化して、落ち着いた乗り心地に変化します。

特にリフトアップ車輌では、コイルスプリングが強化されているので、

縮んだ 時には非常に大きなエネルギーがコイルスプリングに掛かっています。

縮んだ直後にはそのエネルギーが放出されて、一気に伸びますので、跳ねた感じになりますが、

そのエネルギーをバンプストッパーに吸収させることで、フラットな乗り心地に出来ます。

お安いパーツですが、効果抜群ですよ!!

↑このページのトップヘ