2016年07月

デモカーの紺色JB23に新しいステンメッシュ「カラーブレーキホース」を装着しました。

暫くテストしてから、販売開始です!!

まあプロジェクト・ミューさんが、永らく売ってきた商品だから何ら問題はないでしょうが・・・

イメージ 1

いやあ、やはりタダの黒いホースやステンメッシュのシルバーとは違いますね!!

グレースサスのブルーともグッドマッチングですわ!!

ジムニーは、JA11だろうが、写真のJB23だろうが、フルにブレーキホースを交換するなら5本必要です。

通常リフトアップ仕様で純正ホースが届かなくなる場合には、フロント2本、リア1本を交換します。

これはホースを長くすることが目的だからです。

ブレーキの効き具合、タッチを改善したなら、もう2本を追加して、フルに交換すべきです。

「ええ??後の2本は何処にあるの??」と思われた方もいらっしゃるでしょう。

実は昔からジムにーは、マスターシリンダー下部、フレームとボディーの繋ぎ部分にホースがあります。

フロント用、リア用に合わせて2本です。

イメージ 1

先日三木で行われた「パーツマーケット」にお越しいただいたお客様はご覧になったかも知れませんが、

弊社ブースの直ぐ脇で、ブレーキメーカーの「プロジェクト・ミュー」様が出展していたんですが、

そこにこのカラフルなブレーキホースがお目見えしていました。

ステンメッシュの外側に保護用のビニールコーティングされているのは他のメーカーでもありますが、

そのコーティングに色を付けています。

イメージ 2

この写真のサンプル色以外に、当然ながらプロジェクト・ミュー様の色「薄緑」がありますが、

さすがに大メーカーと同じ色はね・・・

それにマスターピースと言えば、やはり紺色だろうと、1セット試作して頂きました。

今後は色んな車用をやっていこうと思っていますので、お楽しみに!!

他の色での制作も視野に入れております。

イメージ 1

レコードラベル下の方に書かれておりますように、レコーディングは1947年8月4日で、

カリフォルニアのパサディナ公民館でのライブですが、終戦から2年後です。

勿論それ程高音質での録音は出来ませんし、

世の中にステレオレコードが発売されるのは、まだまだ先の1958年です。

ラベル上方には、誇らしげに「STEREOPHONIC」と書かれております・・・

このレコードは国内盤でおそらく1960年代に製造された所謂擬似ステレオ仕様です。

イメージ 2

ステレオ用電蓄・・・味がありますね・・・

カートリッジだけステレオ用に変えれば普通の(モノーラルが普通だと言うことです)電蓄2台で再生可能!!

イメージ 3

お客様からのリクエストで、ジムニーJB23の1型から4型まで用のセンターパネル用

マジカルカーボンシールを制作しました。

型取りは、普段の足の98年式1型のJB23です。

もうすぐ20万キロに到達します・・・

イメージ 1

↑このページのトップヘ