2014年12月

2014年最後のリフトアップは、珍しい事に「エブリ」でした!!
 
一応四駆バージョンです。
 
コイルスプリングとショックアブソーバーを交換して約1インチアップ!!
 
タイヤ&ホイールを交換して約1インチアップのトータル2インチアップ仕様です。
 
イメージ 1

イメージ 1
写真は、クライスラーから限定100台販売された2014のルビコンです。
 
どちらも相当に本気のオフロードカスタムを施しております。
 
当社に出入りされる方々は皆さん良くご存知の「あの方々」の車です。
 
22日に来年1月発売の「JEEP CUSTOM BOOK」の取材でした。

当社にお越しいただく「ハスラー ファンクラブ」の方のご希望、アイデアで出来上がった
 
マジカルアートシート製、サイドデカールです!!
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
今回は、非常にスピィーディーに原案から制作まで出来ました!!
 
他にもご希望あれば聞かせて下さいね!!

イメージ 1
 
NEWS等でご存知のように、来年4月から軽自動車の自動車税が高くなります。
 
現在は年間7200円の自動車税が、1.5倍の10800円になります。
 
3月までの登録車は、翌年以降も従来の税金・・・つまり7200円のままです。
 
高くなっても乗用車の税金を考えたら充分お安いんですが、同じ車を買って1.5倍の税金となると・・
 
ハスラーのような人気車の場合、注文してから納車まで一ヶ月以上掛かる事もあります。
 
ギリギリのタイミングになると、駆け込み需要で納期が遅れる事も考えられます。
 
年末から年明け・・・3月までに買い替えを考えられている方は、お急ぎになったほうがお得!!
 
1年あたりで3600円、十年で36000円の差額をどう捉えるか??ですがね・・・
 
P/S写真のホイールについて・・・

例の福知山線事故以来、派手なイベント事は自粛気味だったJR西日本が、
 
梅小路蒸気機関車館に動態保存中のD51の内、200号機を車検受けして
 
本線復帰させると発表し、先日は新聞(朝日)に、
 
ボイラーを外して修理に出す様子が掲載されました。
 
何でもやまぐち号のC57 1号機と、北びわこ号のC56 160の内、
 
C56 160を休ませるのか??増車するのか??
 
取り敢えずD51の復帰は喜ばしい事です。
 
イメージ 1
写真は昭和50年1月15日に梅小路で撮影したものです。
 
この当時は未だ車検があったかも知れませんね。
 
梅小路は大阪の交通博物館が廃止になり統合される関係上、
 
更に多くの車輌を保存する事になります。
 
D51は現在1号機と200号機がありますが、交通博物館の2号機も加わることになりますよね。
 
200号機は現役時代、岐阜県の中津川機関区に所属し、中央西線の山線で使われました。
 
200号機が梅小路へ去った後の中央西線を訪れた時には、隣番の201号機を撮りました。
 
イメージ 2
昭和48年3月25日、南木曽駅にて撮影
 
中央西線は、同年7月に全線電化が完成し、SLは廃止されました。
 
中津川区、木曽福島区のD51の大半が廃車されましたが、
 
車検が多く残る状態の良い機関車が数機
 
本州最後のSL基地、山陰本線の浜田、長門市両機関区へ転属しました。

↑このページのトップヘ