2014年10月

先日お伝えした、11月3日にオーナーさんたちが行う予定の「ハスラーミーティング」
 
天気が心配ですが、12月18日発行の「ハスラーカスタムブック」のオーナー取材を兼ねていますので
 
予定通り行われます。
 
場所は当社の近く、「ナナファーム」http://www.nanafarm.com/で、午前9時半に集合・・・
 
ただ、特にイベントとして施設に報告してあるわけではありません。
 
空いている駐車場に車を並べ、お客さんがここでお買い物やおみやげを買うわけだから
 
特に許可が要るとも思えないので、そのままにしてあります。
 
ただオーナー撮影会になると、ちょっと事情が異なるかも知れませんが・・・
 
天気の事もありますので、集合後に移動??の可能性もあります。
 
当日は、阪神高速や第二神明道路の交通規制による渋滞が予想されていますので、
 
お越しになる方は少し時間に余裕を見て下さい。
イメージ 1
先日当社デモカーにHKSの新製品「LEGAMAX」のマフラーを装着しました。
勿論オリジナルのリフトアップキットも組み込んでありますし、秘密の新製品も御座います・・・
ナナファームでは無理ですが、その後は当社近辺でご試乗して頂く事も可能ですよ!!

イメージ 1
 
一見ちょっと寸足らずの白いストライプですが??
 
実はマグネットシートです!!
 
イメージ 2
 
1セットが太いラインと細いラインが1.6メートルのセットです。
 
極薄いシートですので普通のハサミで切断可能・・・
 
ラインとして使う以外にも、様々な形に切って貼る事が出来ますので、
 
使い道は無限大??
 
磁石ですから、スチール部分なら装着可能です。
 
端が浮き上がるような貼り方をしない限り、高速走行でも飛ぶ事はありません。
 
ステッカーは、「貼り損ねるのが怖い!!」とお思いの方も、
 
幾らでもやり直し出来るので、失敗はありません。

イメージ 1
 
METEOから発売になるハスラー用LEDテールランプを扱う事になりました!!
 
当初の予定では、10月末入荷予定との事でしたので、「関西ハスラーミーティング」??
 
でお目見え・・・と思っていたんですが、船が遅れている様子で、
 
1週間程、入荷が遅れているようです。
 
左右セット \27,500(税抜き) 周りのメッキリムは純正品を外して再使用です。
 
世界規格のEマーク取得の保安基準適合、車検対応です。
 
1年間のメーカー保証付きですので安心ですね!!
 
さあっ どれにしますか??

イメージ 1
8月25日に発売開始され、9月25日までの1ヶ月で3800台を受注したランクル70の続報です。
 
発売から2ヶ月の10月25日までで5600台の受注になっているようです!!
 
大丈夫なんでしょうか??未だ注文受けてますか??
 
しかし凄い事になってますね!!
 
以前70が現役だった頃は、月に100台とか、多くて150台位の販売実績だったと思うんですが・・・
 
仮に月に100台だったとして、1年で1200台、10年で12000台の生産台数ですよ!!
 
それがたった2ヶ月で5600台!!このまま1万台位受注受けてくれたら!!
 
従来の70と同じ位の台数がたった1年弱の間に世の中に出てくる事になります!!
 
新しい70の希少性を当て込んで、「アテもなく」新車を沢山買い込んで、
 
値段が上がった頃を見計らって売ろうと企んでいる車屋がいるようですが・・・
 
目論見が外れるんとちゃいますか???

先ず最初に、この機関車は動きますが、本当の意味では復活SLとは言えません。
 
水を入れて石炭を炊いて、水蒸気を作って・・・という部分がありません。
 
つまりボイラーが生きていません。
 
動くシステムは圧縮空気をシリンダーに送る事によります。
 
しかし、走り装置を見れば、公園の動かない機関車達とは違い、
 
いかにも・・・と言う雰囲気を持っています。
 
イメージ 1
 
それでも国鉄から分割民営化された「若桜鉄道」では、後ろに写っているDD16や客車等を復活させて、
 
静岡の大井川鉄道のような鉄道を目指しているようです。
 
駅には募金箱もおいてありますし、枕木等には寄付をされた方の名前等が書かれています。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 ご覧のように可動部分は砲金製メタルブッシュを使用しており、
 
潤滑は各部に設けられた油壺から染み出す 機械油によります。
 
この時代に素晴らしく高精度の部品が使われていた訳です。
 
クリアランスがきついと焼けるし、多いと直ぐにガタがでます。
 
オイルの性能も現在ほど良くないでしょうしね・・・
イメージ 6
 
昔は国鉄の車輌工場でいっぺんに何台もの機関車を修理していましたから、
 
バラけた部品を間違わずに元の機関車に組めるように、全ての部品に刻印があります。
 
Rと言う刻印は右用の意味で、当然左用部品にはLと刻印されております。
 
イメージ 7
 
この機関車は現役時代は加古川に居て、加古川線や三木線で活躍してきました。
 
YOU TUBE等で現役時代の映像を見ることが出来ます。
 

↑このページのトップヘ