2011年10月

イメージ 1
今週末(メインは日曜日)は、三重県桑名市のニューハートピア温泉で、
 
FJクルーザーを含むランドクルーザーのフェスティバルです!!
 
クルーザーという名前で括ったのは勿論FJのためでしょうが、
 
このご時世ですので、メインはFJクルーザーになるでしょうね・・・
 
私は明日午前中に出発して、午後早めに現着予定です。
 
マジカルカーボンの小物を持って行くのと、その他ににも小物を持って行きます。
 
勿論EXPEDITION ONEのバンパーを装着したデモカーを見て頂けます。
 
是非お越し下さい!!

イメージ 1
 
昨日お伝えした、モンロー製の新しいショックアブソーバー「SAMURAI」を普段の足JB23に装着!!
 
先程ご近所をちょろっと試走してきました。
 
第一印象・・・普段のタフドッグショックアブソーバーに対して、
 
当たりが穏やかで、段差を踏んだ時等の突き上げ感は少ないです。
 
しかしその柔らかさがステアリングを振ってみたりしたときの、インフォメーションに乏しいです。
 
当然ですが、少しロールも大きめですが、あくまでもタフドッグに比べてと言う前提です。
 
普通の運転でオンロードを走る分には、多分大きな不満もないでしょう。
 
GRACE SUSPENSION 3INCH UP FULL KIT with TRACTION LINK の車輌でテストしました。

サムライという名はリーフ時代のジムニーの輸出名ですが、
 
この度ショックアブソーバーで有名なモンローが同名の製品をジムニーJB23用に新発売!!
 
イメージ 1
 
発売元に頼まれて、テストしなければいけないんですが、ちょっとバタバタしてまして・・・
 
取りあえず写真撮りだけ済ませました。
 
ちょっと手で押したり引いたりした感じでは、モンロー製らしい穏やかな硬さ・・・
 
でも開発段階で見せて頂いた減衰力のグラフは充分に効いているようなグラフでしたが???
 
まあ百聞は一見にしかず・・・早めに実験しますのでお楽しみに・・・
 
イメージ 2
 
ノーマルショックアブソーバーとの比較写真でお解りのように、ノーマル用ではありません。
 
ほぼ3インチリフトアップ専用のショックアブソーバーです。

イメージ 1
どんな仕事でもそうなんでしょうが、不思議と同じような仕事が続けて入って来る事がありますね。
 
確かに最近「JK WRANGLER」は旬な四駆になっておりますが、
 
同じ日に同じような?仕事がWって入庫する事は珍しいですね。
 
アンリミテッド&サハラ共に、3インチ程リフトアップしております。

イメージ 1
 
FJクルーザー用に輸入したEXPEDITION ONE製のサイドバーですが、
 
ノーマルの車幅をパイプ1本分程オーバーします。
 
それでこれが車検時にどういう扱いになるか??確認を取っていましたが、返事がありました。
 
サイドステップは、ランニングボードとして指定部品扱いになり、
 
突起物のような危険な形状でなければ、純正の車幅をオーバーしても継続検査は合格します。
 
見ての通り危険な突起物となるような形状では御座いませんので大丈夫ですね!!
 
確認が取れたのは神戸での話ですので、全国的に共通の扱いをされる保証はありませんが・・・
 
ところでこのサイドバーは表から見ると、
 
頑丈そうなパイプが1本と足を掛けるステップ部分しか見えないんですが、
 
イメージ 2
 見えない部分も相当丈夫に作られています。フレームに着くステー部分も凄いでしょう??
 
ステップ部も表よりも裏の方が凄いんですよ!!
 
イメージ 3
 
多分、このパイプ部が岩に乗っても車1台支えてしまうでしょうね・・・
 
そのために相当重いですが(笑)
 
高額になってしまいますが、このメーカーは非常に考えて作り込んでますね!!
 
多分相当好き者が居ると思いますよ(笑)
 

↑このページのトップヘ