2009年03月

イメージ 1

詳しい事は未だ解りませんが、もう明後日から実施されます!!

イメージ 1

 以前、ボルク・レーシングのレイズからジムニー用に新しいホイールが発売になったとお伝えしましたが、今度は輸入ものの比較的お安いホイールでかなり「格好良い」ホイールが出てきます!!

 未だ輸入・販売元にも一本もないようですので、目にする事は御座いませんが「カタログ」には掲載せれております。どうです??格好良いと思いませんか??今までにジムニー用としては無かったパターンのアメリカンなデザインです。サイズは純正同様の5,5J-16の+22です。多分MADE IN TAIWAN??

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 いつもの場所で「はまかぜ」を撮影するパターンでは、昨日のように現場に上り「はまかぜ」通過の約10分前に到着し色々と準備をして、1本目の上り「はまかぜ」を撮影後、下り「はまかぜ」が通過するまでの約20分の間には、新快速は上下共数本やって来ますし、下りディーゼル特急「はくと」が来ます。それから、上りのEF66牽引の貨物列車が来ます。

 現場の20分間は、かなり良い気分が味わえます・・・もっとも蒸気機関車を撮る程の緊張はないですが。

写真は全て2009,3,29撮影 山陽本線 朝霧~舞子

イメージ 1

イメージ 2

 今日も朝のゴールデンタイムだけ何時もの場所に出撃!!現場滞在時間は約30分です。

上り「はまかぜ2号」&下り「はまかぜ1号」山陽本線 朝霧~舞子 どちらもEOS40D手持ち撮影
上りEF70~200mm F2,8L USM + EXTENDER EF2x (35mm換算640mmで撮影)f8.0 1/1000sec. ISO400
下りEF-S17~85mm F4~5,6 IS USM (35mm換算28mmで撮影)f7.1 1/1000sec. ISO400

イメージ 1

イメージ 2

 このコーナーで最初にお伝えしたように、神戸の王子動物園には神戸鷹取工場で製造された神戸に縁のあるD51 211号機が保存されておりますが、もう一両殆ど忘れ去られたようなD51が存在しています。

 全国から現役蒸気が消えた後、地元商店街や自治体が誘致して最後に北海道に残っていた機関車の中から、D51 1072号機がやって来ました。当初の保存場所は神戸三越の向かいで、その後三越はホテルシェレナになりました。それから数年後にD51 1072号機は居なくなりまして、「何処へ行った??」と思ったら少し移動して神戸駅の東側に居りました。しかし元々屋根もなく、誘致した割には誰も手入れしておらず、見るに堪えない状況でバラバラになるのを待っているような状況でした。

 私もこの機関車が綺麗だった頃には北海道仕様独特の装備を見に行った事もありましたが、ボロボロになってくると見るのが辛くなり、見に行っておりませんでした。ネットにより得た情報によると、一人のボランティアの方が数ヶ月掛かりでペンキ塗りや錆び落としをしておられた様子です。

 カラー写真の方はその作業中時に撮られた写真を頂きました。
 モノクロの方は、例によって「イニシャルY」氏より頂いた写真ですが、今回はファン限定ではなく一般の方にも見てもらえるようにアップしました。場所は多分室蘭本線の何処かです。

↑このページのトップヘ