2007年05月

最近は、例えクロカン四駆と言えどもA.B.S.が標準装備されております。
A.B.S.とは、御存知とは思いますが、アンチロック ブレーキ システムの頭文字で、思いっきりブレーキを踏んだ時等にタイヤがロックしないので、ハンドル操作で向きを変える事が可能で危険回避出来ると言う装置ですよね・・・
何年も前に或る自動車メーカーが、モデルチャンジしたクロカン四駆の試乗会を我々四駆ショップ向けに開いてくれたことがありました。場所は当然オフロードコースで、色んなセクションがある場所でした。メーカー関係者は、「傷を付けようが、壊れようが構わないので、好きな様に走ってくれて構いません。試乗後にご意見をお聞かせ下さい」と言う事でした。
この車は元々オフロード走破性については定評のある車でしたが、モデルチェンジの際に新たにA.B.Sが標準装備になっておりました。
私は、コース途中で気になるA.B.Sを試してみる事にしました。30度位のヒルダウン(下り坂)の途中で、思いっきりブレーキを踏んづけてみました・・・
途端にA.B.Sが作動を開始、例のガックンガックンを繰り返します。でも坂の傾斜がきついので、ブレーキが緩んだ瞬間に加速!またブレーキが効くが、又緩む!すると加速!これの繰り返しで、全然減速出来ずにとうとう坂の下まで降りてしまいました・・・
ここはコースですから坂の下はフラットですが、これが崖だったらどうすればいいのか???
試乗会の後、メーカー担当者を交えての出疑応答の時間です。私は経緯を説明しました。
「どうすれば車を止める事が出来るんですか?」 
担当者「時速7km以下になると自動的にA.B.S.は解除されます!!」と胸を張って答えられました。
私「じゃあ時速7kmまで落ちない時はどうすればいいんですか?」
担当者「・・・・・」
私は、「お前ら、机の上でしか車を作ってないやろ!!」と心の中で叫びました。

イメージ 1

イメージ 2

以前から時々アップしている北びわこ号撮影時の写真です。
この日は重連運転で、当時は2往復全てがSL牽引でした。当然木之本から米原行きは逆向きでの牽引です。
その最後の列車を田村山から俯瞰撮影した際の中央のメインカットを除く遙か長浜方面からこちらに向かってくる場面と、田村駅に停車後、米原方面に発車して行く場面です。
http://chizumado.jp/view?position_id=440100

イメージ 1

長門峡のDCは1990年の撮影でしたが、このやまぐち号は5~6年前の撮影で、間に10年少々の月日が流れております。
この写真は時々アップしている九州出張帰りの一枚ですが、以前のようなポジションで撮影しようと行ったんですが、確か川岸が雨で流されたのか?藪になっていたのか?以前のようなポジションそのものが無くなっていたと記憶しております。
手前の電線はこの時既にないですね・・・
撮影日不明 山口線 長門峡~渡川 SLやまぐち号 9521レ
EOS55+EF70~200mm F2,8L USM RDP掘供

イメージ 1

かなり古いやまぐち号の試し撮りです。
おなじみ長門峡ですが、最近は東側から撮っても電線無いですよね??
この頃は電線が一杯入ってしまうアングルでしたが、こちらサイドが順光側でした。
でもこの日もC57が来る頃は、曇りになっていましたが・・・
1990,11,23 山口線 長門峡~渡川
C57バージョンはこちらへ
http://blogs.yahoo.co.jp/kotatsu11242006/2847066.html

イメージ 1

最後シリーズも最後にしましょう??(訳解らんし~)
私の最後の現役SL撮影行も途中からペンタックスがフィルム噛み込みで使用中止、残るミノルタSR-1は二枚に一枚位しか写らない状況でしかも手持ちレンズは135mmのみで残りフィルムもモノクロのみという状況の中、湯玉~小串間で合計3本の列車を撮影しました。
残る撮影予定列車は、下関から長門方面に向かう当時一往復だけ残った旅客列車です。
さてどうしよう??本来は全ての列車を長門二見~滝部間で撮る予定でしたので、小串まで来ているだけでも予定外です。その時思い出したのが鉄道ファン誌で見た、梅ヶ峠発車の写真で線路横のため池での水鏡写真になっていました。「よ~っし、行ってみよう!!」っでやってきました梅ヶ峠駅!!
するとどうでしょう?ため池は非常に小さくその横は国道で距離が近すぎ135mmでは撮れません。「困ったな~!!」前も田んぼか畑で距離が無い!!そこで仕方なくよじ登って何とか距離は取れましたが・・・全く当初の予定とは違う写真になってしまいました。
http://chizumado.jp/view?position_id=440102

1974,8,30 山陰本線 梅ヶ峠駅 ミノルタSR-1+MCロッコール135mm
D51 797(デコイチ ナクナ・・泣くな!!)長門機関区所属
客車列車のタラップからファンが身を乗り出しています。危ないですね。

↑このページのトップヘ