jb64_hiflow2
新型ジムニーのJB64Wは、ノーマル状態でエンジンパワーとタイヤ外径がバランスしており、

リフトアップ、タイヤの大径化(当然重くなります)等で、エンジンパワーの不足を感じるようになります。

残念ながら未だ解析が難しいようでフルコンピューターのようなスープアップが行えず、

サブコンや吸排気系パーツくらいしかない状況・・・

そこへ、ノーマルコンピューター対応のハイフロータービンが登場しました。

コンピューターがノーマルなので、当然ブースト等もノーマルです。

当然最大出力時に吸入できる空気量も余り多くなりませんので、

最大出力のアップは僅かです。それでも6%ほどは上がってます。

問題は、ターボが仕事を始める低速から中速域での仕事です。

ノーマルのカタログ値はトルク9.8kを3500rpm時に、出力64psを6000rpm時に発生させています。

ターボの開発元の実測データー(AT仕様 3速固定 ダイナパック計測)で、

ノーマルのトルク10.3kを3127rpm、出力60.9psを6425rpmで計測していますが、

これをハイフローターボに変更すると、トルクが13.4kで回転数は最も低い2890rpmで!!

出力は64.8psを6324rpmで計測しているようです。

実測トルクでも30%、カタログトルク値だとそれ以上のアップ率ですよ!!

ノーマルタイヤのAT仕様にも試乗しましたが、かなりトルクフルでしたね!!

写真は手前がハイフローで、奥が純正品です。

https://youtu.be/V5BUYGypTMo

113494022[1]
本日はスズキ キャリィーの記念日か何か??

1日で写真のサスキットが5台分も売れて行きました・・・

在庫分が完売・・・次の出来上がりはお盆の頃??

↑このページのトップヘ